FONT SIZEAAA

環境方針

制定日2002年08月30日
改定日2007年08月17日

『環境を意識した経営活動』

20世紀以前の企業や人間の利益を優先した様々な活動から生じた負荷のために、その生存基盤である地球上のあらゆる環境が損なわれつつあります。 当社は地球環境保全活動が21世紀における人類の最も重要な課題のひとつであるととらえます。
当社は現在のみならず将来にわたり、この地球の豊かな恵みを損なうことなく、人が生活を営むために必要な生活環境体系の全てと健康的に共生していくための環境研究を重ね、 地球環境保全のために可能な限りの投資を心掛けていきます。
当社の事業そのものが環境に貢献するものであり、その貢献により得た利益を適正に事業に投資していくことが即ち環境に貢献するという理想的な循環のために、あらゆる研究開発と創意工夫をおこないます。
当社は近未来型の中小企業の経営のドクターとして、治療としての地球環境保全活動のみならず、予防にあたる環境リスクマネージメントを意識した全方位型の啓発活動を通じて社会への貢献を果たすことを約束します。


当社の会社経営が常に最高の環境経営を意識したものであり、全従業員が協力して環境パフォーマンスの改善及び向上への取り組みを継続的且つ計画的に推進していきます。

『環境経営に準拠した業務内容の選択』
当社は地球環境の破壊又は汚染に関与する、環境方針に反した一切の業務を行いません。

『環境に配慮した推進項目』

  1. 「環境経営を意識した商品、技術、サービスの開発及び提供への取り組み」
    当社の事業そのものが環境に配慮されたものであり、常に環境を意識した商品、技術、サービスの開発及び提供と、 作業環境や作業工程の最適化や効率化を通じて、健康な社会貢献を心掛けていきます。
  2. 「最適な環境スペースへの取り組み」
    「グリーン購入法」に対応した環境負荷の少ない製品などの調達を推進していくと共に、 可能な限り最適な環境スペースの確保及び維持管理を行っていきます。
  3. 「環境物品の効果的利活用による理想的な循環への取り組み」
    資源やエネルギーの消費量の削減を含む循環型の環境保全活動の一環として、 あらゆる環境物品の効果的利活用を行い、リサイクルやリユースを進めゼロエミッションを目指すと共に、 廃棄物の削減による汚染防止を心掛けていきます。

『環境関連諸法規などの遵守』
当社の事業活動を推進するにあたり、全ての環境関連法規及び同意するその他の要求事項や< 当社内で合意した環境マネージメントに関する事項を遵守し、地球環境保護に全社的に資することとします。

『全方位型の啓発活動』
当社の全従業員のみならず顧客や資本及び業務提携先に対し、直接的間接的に< 環境問題に関する情報の提供と啓発活動を行うことによる意識の向上を図り、環境保護に取り組む組織による相乗効果を目指していきます。

『正確で迅速な情報の公開と会話』
当社における環境方針及び環境マネージマントや環境パフォーマンスに関する一切の情報は、その都度全従業員に周知すると共に、 顧客や資本及び業務提携先のみならず一般にも広く正確に迅速に継続的に公開していきます。 社内外と良く会話し意見や提案を積極的に聞き入れ、環境マネージメントの評価や環境活動の改善工夫に取り入れていきます。


株式会社 シンカーミクセル
代表取締役 櫻井 孝志

PAGE TOP